『お金の地産地消白書2014』を読む会@福岡〜地域でお金を循環させる仕組みと仕掛け〜

NPOや地域住民による課題解決の取組を効果的・持続的なものにしていくためには、一定の収益確保を可能にする事業性(ビジネス性)や適切な資金計画が必要であり、地域への資金供給機能や企業とのネットワークを持つ地域金融機関の知見・ノウハウを採り入れることが有効です。

そのような中、全国的にもNPOと地域金融機関が連携し、地域志向の取り組みを開始している事例が出てきており、金融機関、地域、NPOとの連携を促進し、持続可能な地域課題の解決を図る体制づくりを、福岡県でも模索しているところです。

そこでこのたび、愛知県のNPOバンク「コミュニティ・ユース・バンクmomo」が、2つの信用金庫と協働した「プロボノプロジェクト」の成果を踏まえ、地域金融機関とNPOのギャップを埋めるためのデータや事例、専門家の声等をまとめた『お金の地産地消白書2014』をテーマに、全国各地の金融機関やNPO支援機関向けに実施しているセミナーを、福岡でも開催します。

occ_hakusyo2014_h01-thumbnail2

●参考資料
『お金の地産地消白書2014』
http://blog.canpan.info/momo-hakusyo/
日本経済新聞(15年1月7日付朝刊)社説
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO81652640X00C15A1EA1000/
朝日新聞(4月8日付朝刊)の社説
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11693488.html

 

開催概要

『お金の地産地消白書2014』を読む会@福岡
〜地域でお金を循環させる仕組みと仕掛け〜

●日時:2015年12月11日(金)17:30~19:30(終了後懇親会を予定)
●会場:福岡合同庁舎本館1階 九経交流プラザ 大会議室
福岡市博多区博多駅東2-11-1
http://www.kyushu.meti.go.jp/aboutmeti/access.html
※なるべく、公共交通機関でのご来場をお願い致します。
●対象:金融機関役職員、中間支援NPO、行政担当、経営支援等
●定員:30名程度

●主催:福岡県 九州経済産業局(産業部中小企業金融室)
●後援:日本政策金融公庫 (九州広域営業推進室)
●広報協力: 一般社団法人 九州北部信用金庫協会
●企画運営:仮認定NPO法人アカツキ

e99bc87e0ad7213c09467ff1dbb843cb

プログラム

地域金融機関とNPOとのギャップを埋めるデータや事例、専門家等の声をまとめた『お金の地産地消白書』をテキストに、地域密着型金融のあり方やNPOとの連携の可能性を考えます。
・『お金の地産地消白書2014』を読む
・『お金の地産地消白書2014』について話し合う
・『お金の地産地消白書2014』の解説を聴く
・『お金の地産地消白書2014』の感想や質問を寄せる
・質疑応答
講師: コミュニティユース・バンクmomo 代表理事 木村真樹

full-photo

お申し込み

●申込方法(〆切:2015年12月8日(月) )
下記URLより「白書を読む会参加希望」として、お申し込みください。
https://aka-tsuki.org/contact
また、お問い合わせはこちらのメールアドレスにお願いします。
info★aka-tsuki.org(担当:永田)※★を@に変えてお送りください